深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
◆ (v4) 高速電子ドラッグ<暴走P>
ボーカロイド作曲者(P)紹介④.

今回はボーカロイド大御所の一人CosMo(暴走P)さん.


ボーカロイドの可能性を切り開いた第一人者(と勝手に思ってマス).

高速伴奏・高速歌唱の曲が特徴的.

人間が歌えるとはとても思えない(歌ってる人いますけどw).

まさにHED(Highspeed-Electro-Drug)の極致.

最近はボーカロイドの歌唱力の限界に挑戦してはるようですが…

僕自身度肝を抜かれた,初期の頃の一曲を紹介.

⇒ 初音ミクオリジナル曲 「0」

実は以前の記事でちらりと触れていた「超高速の歌」とはこの曲のこと.

もちろん高速ボーカルが一番の特徴なのだけれど,

ピアノの奔放さ,ドラム&ベースの追い捲り感もいい圧力を出している.


(これは僕の体験談になるんですが)歌詞を見ずに何度も聴いていると

ボーカルが歌ではなく楽器のように思えてきて,リピートしまくって

ラリりながら卒業研究を進めていたB4時代を思い出します.

(僕は作業用BGMは研究に必須なんですが,歌モノは思考が阻害されてダメなんです)

追体験したいという奇矯な方は動画を見ずにリピート再生することをオススメします☆

また,歌詞にもボーカロイドの世界観が表現されていて想像を膨らませるとゾクッときます.

ITが芸術に与えた稀少なポテンシャルを感じますね(適当発言)

当時の僕の価値観を揺さぶったのは事実です.


彼の最新曲.

激しいドラムと打ち込みピアノがマッチング.

⇒ 初音ミクオリジナルインスト曲 「新世界」
[PR]
by chee-choff | 2009-07-06 15:04 | V概論