深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
<   2016年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧
ゆくとしくるとし('16→'17)
今年もはや年末。

今年はあまり書くことがありません。
書く気が起きない、です。

その理由を、書く気を起こさないように書いてみましょう。
難しいですが。

 × × ×

6年半勤めた研究所を、第三四半期末に退職しました。
会社を離れるとその記憶も急速に薄れ、今では遠い過去のことです。
辞める一歩を踏み出した時のことをこのように↓書いていました。

お遍路天狗のデタッチメント 2016-08-10 粛々と一歩

今は仕事はしていません。

 × × ×

待つことにしたのでした。
今までは言わずとそうしていましたが、今ははっきりとそう意識しています。
何を待つという言い方はそぐわない。

待つとは、聴くことでもあります。
気持ちを鎮めて、淡々とした表情で、何を見るでもなく、でも目は閉じず。
自分の中の湖に、波紋を立てず、月がそのまま映り込むように。

働いていた頃は、波紋の分析をしていました。
当たり前に風が吹き、当たり前に地が揺れ、当たり前に水面が揺れていたからです。
でも湖が静かになると、分析する必要がなくなりました。

すると意外なことに、前よりも、想像が生活に対して身近に感じられるようになりました。

 × × ×

無為、ということについて考えています。
たぶん無為であるときは、そうでないときと時間の流れ方が違います。
そしてその時間は、そのときにしか流れない。

 × × ×

時計を見ない生活をしています。
目覚ましはスヌーズ付きでかけますが、時計は手前にぱたりと倒れています。
決まった用がなければ、その日一日時間を見ることはありません。

 × × ×

書けることそのものの楽しみ、に区切りがついたのだと思います。
何かを書けることは、ただそれだけで素晴らしいこと、だった。
それだけ上達したのでもなく、飽きたのでもなく、ただ離れられると思った。

静かでいたくて、言葉ともそれに合うように触れていたい。
僕が文章を書く動機が、このように変わったのかもしれません。
波風が立たないように、読み、ときどき書く。

 × × ×

来年の春かその前に、一本歯(天狗下駄)で四国遍路に行きます。
今はそれに向けた生活をしています。

何が起きるかはわかりません。
自分がどうなるかもわかりません。
ただ、帰ってはくるでしょう。

それが始まりかもしれないし、通過点かもしれません。
わかっていることはほんとうに、何もありません。

 × × × × × ×

今日も例年どおりはちまんさんへ行ってきます。

では今年はこれにて。
みなさまどうぞよいお年を。

chee-choff



 × × ×

紅白見ました。
心持ちが変わって見方も変わりました。

椎名林檎だけ別世界でしたね。
何の服喪でしょうか。
[PR]
by chee-choff | 2016-12-31 15:52 | その他 | Comments(0)