深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
<   2012年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧
kiichiさん復帰支援!
元祖ミクトロニカkiichiさん。

【鏡音リンAppend】 つまりゆく為のシークエンス 【オリジナル曲】

「諸行無常の響きナシ」
[PR]
by chee-choff | 2012-06-25 23:30 | V概論
下駄で早歩き
うおーやべー!

「腰を屈めて脚も曲げて小走りになるのが着物の早歩き」って本に書いてて,
これ足袋に草履の話だから下駄(天狗ではなく駒下駄の方)も似たようなもんかなと思って,
洗濯しに行く時に試しにやってみたら,す げ ー 早 く 歩 け た .
「前の歯から地に落とす」だけは履物屋の主人から教わっていて,
それでいて「姿勢良く…」と背筋を伸ばして(つまり一部西洋式に)歩いていたのが今までで,
歩調がふわふわして早くは歩けなくて「なんでだろう…」と思っていたのだった.
なるほど作法はきちんと習わねば,意味を汲み取りきれずに実用が伴わないということらしい.

>>
作法というのは、様式が動き出した時に出来上がる様式で、様式である以上、勿論そこにはちゃんとした意味がある。様式をまとうということは、だからそこに隠されている数だけの意味を拾うということでもあるんですね。その意味を知らずに“自分なり”を通してしまったら、それで“新しい様式”になることもあるけれども、間違えて“全然違う意味”を発生させてしまうこともある。格式で一流でおしとやかを演じている筈が“ヤクザの賭場”になってしまう、とかね。
橋本治『風雅の虎の巻』p.341
>>

個から一般を導き出す難しさ.
そのつもりは無かったけれど,一度実感しておくと違う,のだきっと.

+*+*+*

下駄で走るわんぱくっ子が「前のめり」なのも作法だったんだ.
(ちょっと考えて思いついたのが「じゃりん子チエ」)
[PR]
by chee-choff | 2012-06-02 19:58 | 在宅天狗