深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
<   2010年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧
スノボとしまうま
山形へスノボ行って来ました☆

d0044938_16372094.jpg

蔵王の温泉街.
写真の初日と二日目は快晴.
三,四日目が小雨でちと大変(雪の状態やら濃霧やら)やったけど,
スリルが味わえる程度でよかった.


d0044938_1637372.jpg

ゲレンデ.
二年前にも滑ったコースなので気楽に滑れた.
二度目の今回はターンの習得が目標.
傾斜のきつい中級者コースでもこけない程度には上達.


d0044938_16374561.jpg

樹氷.
今回はシーズンに間に合った.
ケーブルで山頂まで行ってから雪山登山.
壮観でしたー.


d0044938_1638226.jpg

すき焼き.
ホテルの三日間の晩飯はすき焼き,しゃぶしゃぶ,鍋.
一日ひたすら滑る→温泉→ビールと飯→就寝(8時頃)→と見せかけて温泉→就寝(二度寝)
ビバ,スノボ三昧.


+*+*+*+*+*+*+*


スノボに一緒に行っただいごろー氏がブログを作ったようなので,

ここで紹介.

⇒ 感動至上主義 -Don't look back into the sun-

そんなにカメラに凝ってるとは知らなかった…

写真が見所のブログらしいです.

どうかごひいきに.


…リンク貼りたいけど分類どうしよ.

誰か機械系でもう一人ブログ作ってくれんかな.



あ,そいえば下宿のネット復帰しました.

マンション全体での不調だった模様.

「マンション親回線の点検」なるものがあった日の夜に繋がるようになったので.

ということで投稿頻度が少し増える…かもしれない.
[PR]
by chee-choff | 2010-02-28 16:51 | その他
新居周辺
実は入社先の会社のどの寮に入るかはもう決まっていて,

部屋番号まで決まっていたりするのだけれど…

郵送されてきた寮の周辺地図がなにやら怪しげだったので,

ググアスって(わかるよね)みたらこんなんでました.

d0044938_22124352.jpg


寮の目前に拡がる広大な田んぼ!

えー地図通りじゃないスか!


6年前撮影とはいえ,今は田んぼさんたちはみんなコンクリに変貌しているとは考えにくい.

つまりは…四季を満喫し放題なわけですね.

実はわりと嬉しいといえば嬉しいのだけれど,

夏にどれだけもすきーとさん達が襲来してくるかってのが唯一にして最大の心配ですね…ホントに.


+*+*+*+*+*+*+*+


引越し一月前なのに,半分以上荷物まとめてしまった.

ちょっと部屋が落ち着けない.

あでも段ボールが積んである部屋で落ち着くようになれば,

引っ越してからすぐの心の安寧に寄与するはず.

今慣れといて損はないな.



元に戻したくないだけですね.
[PR]
by chee-choff | 2010-02-21 22:26 | その他
おわりました
発表おわったー

修論提出もおわったし(10日),発表も終わった(今日です).

学生生活での緊張を強いる場面はすべて終了.

そして今日は研究室のみんなと修士お疲れ飲み会.

買ってきてもらった酒を研究室でワイワイ飲みながら,大富豪したり.

ゲラゲラ笑ったのはほんと,2年ぶり.

今はほろ酔い気分で,研究室のPCから書いてます.

最初から,こうして仲間と笑い合える機会をつくっていれば,

もう少し朗らかな院生生活が送れたのかなと今さらちと後悔.

何度も思ったことだけど,人に頼ることをもう少しできるようにならんといかん.


ふらふらするまで酒を飲んだのも,やっぱり二年ぶりではないかしら.

いいね.屈託なく喋る,笑うのは.

研究室のみんなには,この二年ネクラなテンションを押し付けてしまって,

本当に申し訳なかった.

この経験は,就職してからに生かしたい.

もともともっているはずの,周りを明るくできるオーラを,

出し惜しみ無く,発揮できればいいな.


ああ,きもちいいね.


お疲れ様でした.



明日あさっては事後処理をちょいちょいとやって,

スノボなり読書なり,

最後の自由時間を満喫しようと思います.

あうあー
[PR]
by chee-choff | 2010-02-18 01:58
メタファーの役得
⇒付随イメージによる新たな展開の可能性.

思考・想像を拡げるために使いたい.


メタファーはわかりやすい「落としどころ」(≒仮の終着点)でもあるが,

数珠つなぎの「一つひとつの珠」でもある.


基本姿勢としては後者で.
[PR]
by chee-choff | 2010-02-17 12:42 | 思考
地味にしみじみ
絵心のない僕に「緒言に絵を載せろ」とお達しが下ったので,

がんばって描いてみた.

説明なしで分かる人がいたら凄いと思う.

ちなみに僕はあまり分からない.

そしてあまり説明をする意欲が湧かない(爆

d0044938_17145920.jpg


d0044938_1715824.jpg


学部ん時はなかつ君のよさげなデザインツールで充実した絵が描けたのだけれど…

今は手元に何もないのでパワポのオートシェイプでやりくり.

M1の学会ではペイントで描いた絵をデデンと見せてしまったが,

それに比べればまぁマシにはなった.

かな.



+*+*+*+*+*+*+*


研究以外のことに頭を使う余裕が出てきたので,

パワポ作成の合間に「ウチダ氏ブログをどんどん遡って読む」日課を再開.

2003年以前のウチダ氏のブログは月ごとにしかリンクが貼れないようで(見られる方が)ちと面倒.


2003年10月19日


「しみじみとした文章」という表記を見ただけでなんだか「しみじみ」してしまって,

「しみじみ~しみじみ~」とつぶやきながら,

ふと「しみじみって地味だな」と思った.

「地味でないしみじみ」ってのはたぶん「しみじみ」してないし,

そもそも「しみじみ」には「じみ(地味)」が含まれている.

ということで,なんだか「じみ」も悪くないなぁと「しみじみ」する.

と書きながらディスプレイを見て目を細めている自分もなんだか「しみじみ」しているように思えるが,

それはディスプレイの見すぎで目がしょぼしょぼして目を細めているのを

「なんだか遠い目をしている」ときの目の状態と混同しているだけである.

とはいえ,この変わり目が近い時期,やはりディスプレイのせいだけではない.


あーいろいろ考えたいなぁ

学生生活の総括とかしようかなぁ

でも発表終わったらウキウキして腰落ち着ける暇なさそうだしなぁ

考えるなら今かなぁ




発表パワポの緒言考えるのが嫌なだけですね.

作成再開しよう.


しみじみと作ろう.
[PR]
by chee-choff | 2010-02-15 17:47
ワイルドチャーハン
一番の山場の発表練習を12日に終える.

なんとかなった...

多分もう大丈夫ですね.

明日あさってにちょちょいと手直しをして,

発表原稿を読みまくって暗記しておわり.

発表内容に固有名詞が非常に多いので,

原稿作りとその暗記は手が抜けない.

スライドに用語書きまくるといらやしくなるし,

かといって書かないと文章のないスライドで

1分ばかり喋り続けるということになるのだが…

まぁ後者でいいかな,と.



下宿のネットが謎の不通を来してはや1ヶ月.

今は実家のPCで書いております.


土曜は引っ越し準備の荷物整理.

のはずが今まで(高校時代から)溜め込んだデータの整理に費やしてしまった.

そのデータというのはCDRに焼いたもので,

種類を問わず合算すれば150枚はあった.

それの中身を見直したり使えそうなのは外付けHDDに格納したりと,

目がしょぼしょぼになりながら半日かけた.

中には高校時代に作成した文書をわざわざ焼いたものがあって,

そいえばその頃はフラッシュメモリなんて無かったのかなと.

それはさておきその文書の中に「ちひろのO手前日記」なるものがあって,

そんなん書いてたかなぁと思いつつ読み始めるとなかなかツボにはまる

こっぱずかしさ(ATOK変換で「木っ端図下示唆」て出たw)があって,

これはまた刷ってマジメに読むべきだなとデータをしっかり保存しといた.

そんなんを全部含めて,500GBの外付けがあれば足りると目測.

 (500GBというのは今デスクトップの内蔵HDDにある分と外付けの160GBをほぼ満杯に

 してる分も合わせた計算で,寮用にコンパクトなノートPCに買い換えようかなという思いからなのだが…

 誰か160GBの外付けいらんかなぁ.ゴツゴツしてるけどまだ現役でいけそうだし.)

今はコンパクトで安いのがあるんよねぇ.


で,土曜日は久しぶりに自炊.

もちろんチャーハン.

野菜のためおきはもちろんなかったので,

冷凍のミックスベジタブルと冷凍刻みネギと,

あと缶詰のくせに(?)賞味期限が二年も切れていたツナ.

オリーブオイルが全然減ってなかったので下地油をいつものサダラ油から変更,

味付けは塩,こしょうと粗挽きコショウとマーガリン.

肉を入れると曲がりなりにも味がついてよいね(いつも入れないから味ないんです).

で,タイトルにある通り何がワイルドなのかというと,

別にチャーハンがワイルドなわけではなく,

チャーハンに隠し味としてワイルドなものを入れたという意味であって,

さらに正確に言えばその隠し味素材も別にワイルドなわけではなく(ワイルドな素材って何だw),

「ワイルドと名のつく何か」であるという意味だ.

で,その冠詞をもった有名どころと言えばご想像の通りで,

七面鳥ですね.

つまりはウィスキーであります.

これがなかなかおいしくて,

大さじ1杯くらいならそれとわからないくらいに風味が増して,

けれどフツーのチャーハンと何か違うぞという風味を醸すもので,

しかしそれが気のせいだとは到底否定できないもので.

…でも量を増やそうとは思わないかな.


とかなんとかテキトーなことをやっていて気付いたけれど,

隠し味ってあれ何でもいいのよね.

要は「それとわからない程度の分量」を守るのが大事だと.

今まで散々食べるに負えない失敗作を作り上げては泣き泣き食べ,

時に訪問客まで巻き添えにしてきた経験は決して無ではなかった(?).


これからしばらく色んなものを「隠して」みようと思います.



…麻雀したい.
[PR]
by chee-choff | 2010-02-14 18:07
あぶねぇ
これを見てハッとした。


己の主観が「俺は客観視できてるぜ」と言いながら暴走して、

周囲(僕の中の他の人ですね)がそれを止められず、

暴君に付き従うという固定された結論に至る合理性の検討に慌てふためくという、

「なんだかぐちゃぐちゃした頭の状態」が現実を侵食するところであった。



年を取らないとできないことがある。
自分自身の愚鈍さや邪悪さを腑分けし吟味するというような仕事はその一つである。
若いときにこれをやると、たちまちエンドレスの自己嫌悪と自己告発になってしまう。
本人が誠実であればあるほど、うんざりするような自虐の文章が綴られる。
「私の愚鈍さと邪悪さを訳知り顔で断罪しているこの『私』なるものの審問者としての適切性は一体誰が担保しているのだ?」というような無限後退に陥るのがオチである。
だから若いときはあまり反省しないほうがよろしいといつも申し上げている通りである。
反省というのは「反省される対象」と「反省する主体」のあいだに適切な距離とそれなりの気づかいがないと成立しない

2010年02月02日 オピニオン・リーダーなんかになりたくない


「「反省される対象」と「反省する主体」のあいだの適切な距離」が取れているというのは、

自分を見直したいという内向きの視点が暴走しないために、

その外側に現実(=現在進行形の生活)を見据えた冷静な視点が鎮座している状態を指すのだろう。

その外堀がしっかりしていなければ、反省的思考はいとも簡単に自己破滅へ突き進むことになる、と。


…修論出すまでネガティブなことは書くまいと自制していたのだけれど、

本気で常道を逸脱しかけたので反省と自戒の意を込めてここに(布石だけを)記しておく。

っつってこの「反省」とか「自戒」がまた自分にとって精神的負担になりかねないのではあるが。。

まぁ周りの皆様にはご迷惑をおかけしましたということで詳細はまた落ち着いてから

分析的視点も絡めて綴ろうと思うわけでして(と書くと遂行可能性が低まるとの観測もある)、

もうひと頑張りですね。



ちなみに修論の公聴会は17日になりました。

10日に修論提出して一息つければいいのだけれど、

提出してから発表ppt作るつもりやし発表練習もなんやかんやで難関なので、

落ち着けるのは18日からかな。


で…こっからが重要なんですが、

実は携帯のトラブルでアドレス帳が全部消えてしまって、

復元できたのが3年前のものという有様でありまして(あらま)、

ほとんどの方には僕からは連絡が取れない状態であります。

ブログをご覧になった知人方、どうかご見知りおきを。

以上私信。


最後に。

修論執筆に励みつつも、どうかご自愛下さい。

僕含めM2の皆様へ
[PR]
by chee-choff | 2010-02-04 11:55