深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
カテゴリ:在宅天狗( 13 )
ホルモン掘ったら「ホルモォォォー!!」
ちょっとだけ。

一本歯でしゃがむ時にヤンキー坐りになりかけで止めて「乙女しゃがみ」(女の子が道端の猫をつんつんする時にちょっと斜にしゃがむアレ)に修正する動作の流れができてきて、このしゃがみ方がとてもバランスが悪いことを体感している。
斜になるのはしゃがんだ正面で動作するには膝が邪魔になるからであるが、それはおいて、どう向くにしろ足を(歯が真っ直ぐになるように)揃えてしまうとしゃがみきるまでに前後にふらついてしまう。
それは左右の足を少し前後に違えることで回避できるのだけど、これも重心が片足に寄ってしまってあまりよろしくない。
しゃがむ過程を割って重心が下がる間前後にブレないように意識すればいいんだと思うのだが、何かよい喩えはないものか…
まあまずは慣れかな。

あと最近「将来ハゲにならないこと」を行動の第一指針とする高校生のマンガを読んだのだけど、乙女動作に修練していけば女性ホルモーが増えて髪質に効いてくるとかないのかな。
よし、証明してみよう。
[PR]
by chee-choff | 2013-06-15 23:32 | 在宅天狗
マメでないマメの話
班目でもなければマラルメでもなくて。

+*+*+*

ストレート予告は外れというか「登板機会なし」でした。
つまり歯の高い一本歯の新規購入を検討したんですが、店主に取り扱ってないと言われた。
まあ無いなら仕様がない。
今履いてるのを山歩き用に使おうと思ったのだけど、天狗の「本山デビュー」は持ち越しとなりました。
次の縁を待ちましょう。

+*+*+*

足の裏の各部名称が分からないのでまたリンクを張っておいて…
両足裏の「踏み付け」の外側(小指側)にタコができていて、ずっと前から固いなーと逆の足の親指の爪でカリカリしていたのだけど、昨日に突然痛み出した。
ちょっとズキズキする程度なのだけど、下駄履くと特に痛いなあと思ったらちょうどタコができた所が下駄の底板から足裏のはみ出す部分だった。
どうもバランスをとる時に外側(小指側)に体重をかける癖があったようだ。
しゃがむ時にヤンキー坐りになるのが何よりの証拠で、確かにバランスはとりやすいのだけど外傷になるほどの負担はやはり良くない。
ということでしゃがむ時は膝をくっつける「乙女座り」を心掛けるとして、立っている時も内側(親指側)に体重をかけるようにしてみよう。

で、やってみたら、両足裏は平行なのに内股のような頼りない姿勢になって、なぜか腰が痛い。
背筋を伸ばせないはずはないのだがやりにくい…変に癖がついちゃったかしら。
直そう、とりあえず。

余談だけど、内股とか外股は両足裏の平面上の位置関係を表しているはずで(俯いて見た時に内股がハの字、外股が逆ハの字)、平面上と言ったのはどっちの股でも足裏の地面への着き方は一緒(いちおう「ぴったり」)という意味で、それに対して今回の話の中の「体重を小指側にかけるか親指側にかけるか」というのは、単純化すれば両足裏は平行だけど着地の仕方が左右方向でぴったりしてなくて、分かりやすく言えば自分のすぐ後ろにいるゴキブリから見て両足裏の接地面がハの字か逆ハの字かの違いだ。
で、これが長ったらしいので前者を「外側股」、後者を「内側股」と呼んでみようと思う。
あんまパッとせんかなぁ…
[PR]
by chee-choff | 2013-06-03 00:28 | 在宅天狗
はたてが住むのは「はったて小屋」
いや、すまないが星蓮船あたりからキャッチアップできていないんだ。

+*+*+*

ということで在宅天狗の「進化予告」でした。
今回はシンカーではなく、ストライク狙いの直球です。
打てます。(何が)
[PR]
by chee-choff | 2013-05-21 23:16 | 在宅天狗
下駄で早歩き
うおーやべー!

「腰を屈めて脚も曲げて小走りになるのが着物の早歩き」って本に書いてて,
これ足袋に草履の話だから下駄(天狗ではなく駒下駄の方)も似たようなもんかなと思って,
洗濯しに行く時に試しにやってみたら,す げ ー 早 く 歩 け た .
「前の歯から地に落とす」だけは履物屋の主人から教わっていて,
それでいて「姿勢良く…」と背筋を伸ばして(つまり一部西洋式に)歩いていたのが今までで,
歩調がふわふわして早くは歩けなくて「なんでだろう…」と思っていたのだった.
なるほど作法はきちんと習わねば,意味を汲み取りきれずに実用が伴わないということらしい.

>>
作法というのは、様式が動き出した時に出来上がる様式で、様式である以上、勿論そこにはちゃんとした意味がある。様式をまとうということは、だからそこに隠されている数だけの意味を拾うということでもあるんですね。その意味を知らずに“自分なり”を通してしまったら、それで“新しい様式”になることもあるけれども、間違えて“全然違う意味”を発生させてしまうこともある。格式で一流でおしとやかを演じている筈が“ヤクザの賭場”になってしまう、とかね。
橋本治『風雅の虎の巻』p.341
>>

個から一般を導き出す難しさ.
そのつもりは無かったけれど,一度実感しておくと違う,のだきっと.

+*+*+*

下駄で走るわんぱくっ子が「前のめり」なのも作法だったんだ.
(ちょっと考えて思いついたのが「じゃりん子チエ」)
[PR]
by chee-choff | 2012-06-02 19:58 | 在宅天狗
RT&ことばあそび用ついった/粗食症/高床式将軍返し
ウチダ氏がブログをぜんぜん更新してなくて(大学辞めて暇になったんではないの?)
そのかわりか寄稿文の概要や日々の思いつきをとつとつ呟かれているようなので,
ついったーを始めてみました.
前に少し否定的なことを書いたので後ろめたくはあるんですが…

携帯電話をほとんど使わない(そいえば最近「黒浮き」の故障で勝手に覗き見防止機能が
発動してしまった…ESD? 見にくいー),電車に乗らない,街に出ない人間にはついったーの
本来(?)の使い方をする機制が起こりえないということで,タイトルみたく使う予定.

いつもブログでとりあげるような話題に絡む方々の呟きのRTがほぼメインで,
たまに「ことばあそび」として意味不明な投稿をしていたのが文字数的に最適なので
これもそっちに投げることにしよう.

ということで基本的にフォローし返すことはしませんが,
RT内容に興味がありましたらフォローしてみて下さい.

+*+*+*

土曜の夜から風邪が続いて苦しんでいたけど,
ようやく快方に向かっておりそこそこ余計な頭も回るようになった.
(この「余計な頭」というのはいつもの回し方なわけだけども)
なぜ風邪をひいたかといえば理由は分かっていて,久しぶり(数ヶ月ぶり?)に街に出たせい.
詳細な特定をするなら,煙草スパスパの居酒屋でアブラモンを沢山食べたのが原因.
引きこもりに体が慣れてしまうとやはりある種の耐性が落ちてしまうらしく,
規則正しい食生活,適度な睡眠時間を確保していてもその点は関係がない.
 そういえばウチダ氏がブログで(確か4、5年前)に書いていたが,
 一時期「玄米メインにあっさり味付け小鉢おかず」みたいな生活をしていたら
 マクドみたいなジャンクフードが文字通りゴミのように見え,
 「よくそんなものが食えるな」と友人に言って顰蹙を買ったことがあったらしい.
 その話は「やっぱり友人と楽しく食事をするのがいい」から
 ジャンクフードばっちこい生活に戻った,と続くのだけれど.
まあ,たまにはおいしいもん食べ…

+*+*+*

ちょっと下駄の話.
最近とても寒くて今もかじかむ指でこれを打っているのだけど(暖房は炬燵のみ),
下駄でいると台所に裸足でも寒くない.
履き始めの数分(これ謙遜で実際数十秒)はひんやりするけれど,すぐ体温に馴染んでくれる.
そして歯が細長いおかげで床のひんやりが伝わることもない.
(熱抵抗は電気抵抗と一緒で距離に比例,断面積に反比例(R=ρh/S).うう仕事…)
ホームソックス(毛糸で丈の短い靴下)にスリッパでも足が冷えていたのを思うと,
これは十分に「上履き天狗下駄」の利点に数えて良さそうだ.

どうです?
[PR]
by chee-choff | 2012-02-02 22:05 | 在宅天狗
FB制御とFW制御
タイトルはまんま制御工学なのだけど(応理の人には懐かしいでしょうね),
残念ながら(?)下駄の話.

フィードバック(FB)はわりと日常語として普及しているけれど,
フィードフォワード(FW)はあまり聞かない言葉かもしれない.


前の火の喩えはFB制御.
体軸ズレ発生と動きの修正にタイムラグがあり,揺れることを許容している.
が,体軸の揺れというのはその時の姿勢によって大体決まるもので,
しかも意識していればその対応を感得するに容易く,
つまりその都度体軸のズレを受けてから応答をするなんてまどろっこしいことをしなくてもよい.
これは制御工学的には「外乱を事前に検知できる状態」と言える.
外乱といって自分の身体のことなのだけど,まあ意識からすれば外側になるのかな.

制御工学でも「FB制御の応答速度の遅さを改善するため」というストーリィ立てでFW制御が紹介されるが,
図らずも同じ流れになったかここでは片足立ちに至るまでのFW制御の応用を紹介する.
「片足立ち」と言った時の挙げ足は,「上段蹴り」をする前段の屈膝状態を想定している.

直立姿勢から片足を挙げていく際に,
片足を挙げる時のブレが軸足での静止時のブレを相殺するように上げる

後者のブレの始まりをうまくとらえれば体軸は全く傾くことなく足を上げられる.
下駄を履く履かないに構わない話ではあるけれど,天狗下駄を履いてこれができるとなかなかの快感.
何せ(瞬間的にだけど)通常の立姿勢よりも安定的に片足を挙げる動作ができるのだから.

…動画撮ればもちっと分かりやすいんだろうけども,
もちろんそんなことはしない.
[PR]
by chee-choff | 2011-11-15 22:51 | 在宅天狗
もう少し具体的な直方体
うたのおねいさん。

「moon」歌ってみました【ぱごだ】

+*+*+*

前に奥行きの話をした.
天狗下駄の前後方向の立姿勢安定イメージ構築策(→「高知臭く」って…ことえり本当に大丈夫か?)として,
下駄の歯の奥行き(17mm)を意識するという話だった.

さっき皿洗いをしながら「おくゆき奥行き…」とイメージを転がしていて,
ふと「ぴたり」とくるものを見つけた.
先に要点を言ってしまうと,
下駄の歯の分だけ奥行きを持った板が身体を貫いているイメージで
 身体のふらつきを板のふらつきと同調させるようなイメージ
を持つと,
「ちょっと斜めに立てた板が少し揺れてから真っすぐに立って止まり,
 そのままぴくりとも動かない」ように体全体が静止したのだった.
(もちろんこれをやったのは皿洗いを終えてからのことだ)

もちろん板自身が自分で動くことはないので,
体位の微調整は例えば指で「つん」と板を押す感じ,だろうか.

前に「火のイメージ」と言った時は物体全体が可動域である人体に沿ったものだったのだけど,
微小な揺れは完全に抑え切れないとはいえ全体をソリッドに制御することが可能であるのもまた人体だ.
動かないものは,正確に止まっていられるが動けない.
が,動くものは,動けるしある程度まで止まっていられる.

このイメージでは静止している時の「ぴたり感」(「ぴったり感」とは少し違う)も面白いのだけど,
静止するまでの揺れが「板というモノ」のイメージと一致した時が特に面白い.
「だるまさんが転んだ」で鬼が振り向いた時に,
まさに石ころのように静止できた時の優越感と同じだろうか.
 その瞬間,彼は空き地の草木の仲間入りを果たし,風景に溶け込む.
 鬼に小さな動きを見咎められる恐れを一瞬忘れ,頭が真っ白になる.
 そんな「石ころ」を鬼が目の当たりにした時,
 鬼は訳も分からず胸が疼き,寂しそうな目をするのかもしれない.


これが「うたのおねいさん」とどう関係するのかといえば,
単にこれを聴いていた時に思いついたというだけ.
歌ものでも聞き慣れると,人の声が心地よいノイズ(←文脈通りいい意味で使ってます)となり,
雑念だけが取り払われて思考が澄んでくる.
うん,ルーティンっていいな.

+*+*+*

下駄の話を会社の同期に話したら,別の数人から
「天狗になっちゃったんですか?」(→「なっちゃった」と答えておいた)
「着物を着て鎌倉をぶらぶらしようよ」(→「ほう…」と答えておいた)
「もしかして,写経が趣味?」(→「まさかw」と答えつつ若干図星)
などと妙なことを言われ始めた.

ふふ,まだバカだとは気付かれていない…
[PR]
by chee-choff | 2011-11-14 23:05 | 在宅天狗
奥行きあるいは火のイメージ
下駄の話.


足を揃えて直立する時に.
左右には安定で前後にぐらつくのは,
下敷き(ノートに挟むやつ.懐かしいね)を立てた時と同じ.
二次元は三つ目の次元を知らないのだ.
もとい,線分は奥行きの存在を知らないのだ.

それは極端な話で,
というのも下駄の歯には2センチ弱の奥行きがある.
足の裏(僕は26.5センチだ)と比べると心許ないものの,
線分ではなく,しっかりと幅を持っている.
その「奥行きのイメージ」を接地点だけでなく,
接地点と地続きの身体全体に対してもってみる.
ちょっと効果があった.


あるいは前後にぐらつくことを予め考慮に入れる.
揺れをなくすのでなく,うまく吸収して和らげる耐震設計.
建築だと接地面(スプリングとか)や内部の一部(巨大振り子とか)にしか細工できないが,
幸いなことに身体はその全身を吸収運動に利用することができる.

「足下の揺れを抑えよう」という脳の単純な命令だと,
足は硬直に向かってしまう.
そこに重心位置や身体の傾きへの配慮が欠けていれば,
足の身体に対する揺れが止まったとして,
実は「動きを止めた身体全体」は地面に対して倒れていたりする.

足下の揺れに対して,上半身を同調させて吸収させる方向性を考える.
身体の各部は流動的になるのだけど,
地面(重力)に対する身体全体の位置が安定となる関係を目指す.
ここで「関係」と言ったのは,
身体のバランスを考える時に身体内部で閉じてはいけない,という意味が込められている.
ここは宇宙空間ではなく,重力が存在する.
だから重力を適切に感知できればそれだけでいいはずなのだけど,
直接的にそれを目指すのが極めて困難なために,
様々な手がかり(主に視覚情報)から重力の感じをつかむ.

その具体的なところを話すつもりはなく,
ここではイメージの話.
そう,「火」.
火はゆらゆら揺らめきながらも,すてーんと転ぶことはない.
その内実は燃焼反応で比重の差から空気よりも軽い気体となり上へ向かうというだけだが,
(理系ながらこんな曖昧な説明で「ええのそれで?」と自分で思ったりはする)
イメージの話なので,内実は関係ない.
揺らめく火をイメージして人間のミラーニューロンがどう活性化するのか想像もつかないが,
まあこういうのはできると思えばできるものなのでそう思えばいい.

このイメージもいけそうな気はしてまだコツを掴むほどではなく,
まず「敢えて自分から揺れようとしてはいけない」.
あくまでパッシブに,でも鈍感になってはいけない.
が,敏感に過ぎて小さな揺れに大きく反応すると反動で余計にふらつく.

まあイメージだから…
まだ言葉になおすほどのものがないのかな.
今年の初詣で長いこと見つめたたき火を思い出そう.
…いや,あんな激しいのはダメか.
ろうそくの火,やね.
…いや,あれあんまし揺れんか.

…どんな火?
[PR]
by chee-choff | 2011-10-17 23:08 | 在宅天狗
類に呼ばれて/むきゅーのあやや
 ちひろ「最近下駄を履いててね」
 同僚H氏「ほう…」
 C「部屋で履いてるんだけども」
 H「…?」
 C「こう、歯が一本でさ」
 H「天狗?」
 C「そうそう、天狗下駄っていうんだけど」
 H「…バカなんじゃないの?」
 C「…」

というような会話が今週末に山奥で交わされたのだけれど,
なぜ山奥かというと二人で散歩に出掛けて川沿いを歩いていて,
道に誘われてふらふらしているうちに山を登っており,
車が全く通らず街の光も届かなくなって「あれ,帰れなくなったらどうしよう?」
と気がついたら遭難の危機に陥っていた二人ともバカです,ご心配なく.
結局は2時間で,寮から見える山々の一つのちっちゃなやつをぐるりと周回したらしく
無事に戻ってこれました.
(でも「ぶらぶら散歩」と言って,歩くのはふつうに速かった.
 自分がいつものスピードを落とさないで人と歩けたのも珍しい…
 さすが道産子ですね(?) )
いいんです,バカで.

+*+*+*

で,下駄の話.

始めてから大体ひと月半経ったのだけど,
立って何かをする時には下駄を履かないと落ち着かないくらいに定着はして,
じゃあ履きながらなんでもできるのかと言われるとそうでもなく,
苦手なのはただ一つ「洗顔」ですね.
要するに目を瞑ると途端にふらつく.
見えていれば片足でしばらく静止できるくらいなのに
見えないと普通に立つことすらままならないところ,
バランス保持を視覚にかなり依っているらしい.
なのでここ最近は目を閉じて静止する訓練をちょこちょこやっている.
「身体の重心を貫く棒のイメージ」を体勢変化と同期させて構築できればいいのでは,
ととりあえずは思いながら,実際はよく分からない.
重力の向きが目に見えるもの(ネックレスとか)を身につけると変わる.
とどこかで聞いたような気もするけど,あれは視覚あっての話だろうか?
あるいはネックレスと接する首にかかる力のわずかな変化が手がかりとなるのか.

あとは,ちょっと前からスノボを意識し始めたので,
両足を並べる角度をなるべくゼロに近づけている.
天狗下駄はもちろん歯の断面矩形短辺方向(=前後)に不安定なので,
その不安定な方向を両足で非平行にすると安定して立つことができる.
…というのは理論的にはそうなのだけど,実際は言い切れない.
具体的には,がに股だとすこぶる安定するが内股だと非常に不安定.
まだまだ乙女への道は遠いということか…(謎)
あるいはこの立姿勢の不安定さが乙女の心情そのものなのか(嘘)

それと,なんだか知らんが正座をする機会が増えた.
下駄を脱いだ後に「なんだか正座したいな…」と自然に思うのだけど,
これまでに自発的に正座をしたいと思ったことはほとんどない.
きっと腰と足首のストレッチになるんでしょうな.
なるほど,こんなところで下駄と正座との関係性が…

で,冬に裸足は寒いのでブランドもの(=ユニクロ)の指分かれ靴下を大量に購入.
これで年中無休の在宅天狗.
年中むきゅーの在宅あやや.
あややや..
[PR]
by chee-choff | 2011-10-02 13:28 | 在宅天狗
運命的発見(下駄の話)
天狗下駄でバランスをとるのに足首の具合は要の一つである.

足首によるバランス養成…

 ス ノ ボ や ん !!
 → →  ↑  →  ↓

(矢印は即席の関西人イントネーション講座)

行くしかないね.
  1 あらへんね.
  2 ありゃせんの.
  3 ありゃしまへん.

正解はどれ?
[PR]
by chee-choff | 2011-09-19 00:21 | 在宅天狗