深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
◆ 犀川助教授
今日のタイトルを見て「ティン!」とくる人

ほど僕はまだ森博嗣ミステリィを読んでいないのですが、

タイトルの人は「犀川・萌絵シリーズ」の主人公。


僕は小説や物語を読む時に、その設定された世界に忠実になろうとはするんですが、

時々(特に現実的な話では)物語の登場人物に身近な人を当てはめて遊んだりする。

もともとの小説世界とイメージが食い違ってくるのは毎度のことなのだけれど、

たまにピッタシな配役を見つけるととっても幸せになったりする☆


で、犀川(さいかわ)助教授。

まだ1冊しか読んでない時点での彼の印象なのだけれど、

 頭脳明晰だが日常仕様の頭はカタめで異性にはあまり慣れてない理系人間

といった感じで、きりりとした雰囲気を持ちながら眉毛が外側に下がってそうなイメージ。

で大学の助教授なもんだから友人というわけにはいかず自然と思い浮かべるは

今まで大学で講義を受けてきた先生方に限定されてくるのだが、

どうもこれ!といった人がいなかった。


しかし、大学院に入って何度か授業を受けているうち、遂に見つけてしまった。

これ言っても分かる人だいごろーしかおらんと思うけど、

ずばり医療工学のT田教授である!

工学倫理の講義受けてて小説のことなどこれっぽっちも頭になかったのだけど、

何の前触れもなくいきなり「ティン!」ときた☆

恐らく今まで「誰かいい配役いないかな…」と考えてた時間がかなりあったから

もやもやしたものが頭の片隅にあったのだと思う。


俄然シリーズの続きが読みたくなってきたぜ!

ていうかシリーズ第一巻が読みたいぜ!(最初に読んだのが『笑えない数学者』)

古本屋で見つけたら即買いしてやる…


あと、西之園氏は誰にしようかな…☆

名前にはとらわれないようにせねばw


+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*


また新チャーハンを開発した。

まずは材料と完成品を見てほしい。

d0044938_2332541.jpg


d0044938_23314265.jpg


白米は冷凍してたので妙に均整のとれた形をしているが気にしない。

手前の緑は冷凍ネギ。わざわざ丸太町御前近くの業務スーパーまでチャリで買ってきた。


さてここで注目すべきは、中央の急須。

中は何か…そう、そば茶である!

d0044938_23384310.jpg


(写真撮る前に袋開けて捨てちゃったのでネットから拝借したもので代用)

蔵王のスノボ旅行の時に散々迷った挙句買った一品。

これから暑くなるのにイラネと思っていたのに何故買ったか、

それは袋裏に書いてあった一言に魅せられたから。

 「茶殻は炒めておいしく召し上がることができます」

 (脳内ニューロンの動き)炒めて…→チャーハン!

という自分にとって至極当たり前の思考の流れによるものであった。

で、今日無性にそば茶チャーハンが作りたくなったので、

チャーハンを作るためにそば茶を淹れて茶殻を作った。

というわけで完成品チャーハン横の飲み物はもちろんそば茶。


味付けは塩コショーに加えて、粉チーズ。

調理例に粉チーズが入ってたので加えてみたが、意外に相性がよい!

具材で特に仕込みのいるものはなく

(茶淹れと白米の解凍があるが、包丁&まないたを使わないのは大きい)、

10分もあればちゃちゃっと完成。

しかも調理過程で飲み物(そば茶)も同時にできあがるという!

そして味はあっさり和風と粉チーズのふんわり風味がコラボでグッジョブ!!

大成功だったのでMyれさぴーに加えておくことにした☆

+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*+*

GWは本を読み倒そうと思います。
[PR]
by chee-choff | 2008-05-03 23:52 | その他