深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
◆ ゆくとしくるとし07→08 (3)
脇道に逸れ過ぎて何が言いたいか分からなくなってしまった。

毎年のことである。



ここからは今年の抱負について語ろう。

卒業研究は、まぁ一生懸命やるが魂を売るようなことはしないと思う。

あくまで自分のペースを保ち続けて。

そのペースというのは、毎日新聞と本を読むことである。

新聞は昨年の夏前から取り始めて、定着した。

本も、使命感を抜きにして読もうと思えるようになった。

本は特にジャンルを限定していない。

新聞もそうだが、数珠繋ぎを大切にすることを特に意識して読んでいる。

おかげで興味の幅は格段に広がった。

今年はその幅を広げることも続けたいが、

一つの分野を掘り下げることもしたい。


本について少し語る。

本に対する意識が変わった。

知識を得ようという意識は薄くなった。

かわりに、考えて読むようになった。

考えるとは、ある一文に対して自分の持つイメージや経験を想起したり、

賛成や反対をしたり、その理由を明確にすること、とここではとらえたい。

単に覚えようとするよりも、自分の近くに引き寄せて、

自分の視点で見つめることで、経験として頭に刻まれる気がしている。

その経験を人に語る際に具体化できないことは

現時点では極めて多いのだが、

その経験を自分の中で再構成したり、

他分野に生かすことはできていると思っている。

これらの感覚はもちろん、なんとなくである。

よって自分の目指すべきは、この曖昧な感覚を人に伝えるべく、

イメージを言葉で表現できるようになること。

読書の経験を更に積むことと、後述する目標を達成できたならば、

その境地に近づくことはできるはず。


今年度の心構えとして一つ。

目に見えないものを意識し大切にしたい、

すなわち「心眼」を磨きたいと思う。

具体的に表現するのは難しいが、例えば

「なんだかよくわからないけど安心できる」

といった印象を相手に与えることができる人になりたい。

この「なんだかよくわからない」がとても重要で、

それは安定したものだと断言はできない。

流動的なものか不思議なものか、それらで形容される

未知という不安を超えるような安寧をもたらす何か、

又はそれ自体を心地よさとできるようなオーラ。

そんな何かが…自分で書いてて不安になってきたが…

自分から発せられればよいと思う。

…なんだか妄言に近いので、あまり深く考えないで欲しい。

深く考えても分からない。

発言主の俺が言うから間違いはない。

ただ、一つはっきりと言えることは

「目に見えないものが大切であることを伝えられる」

人になりたいということだ。

いささか自信過剰な表現をするが、

これは俺の内にある果ての無い精神世界を

いかに他人と共有できるかにかかっている。


そして、今年度の目標を一つ。

 「討論仲間を持つこと」

これは、今まで自分が生きてきて未だ持ち得なかったものである。

自分の考えを人に押し付けるでもなく、

他人の考えを否定するでもないスタンスの俺に、

討論なぞは全く不要であった。

いや、これに関してはこの先も不要であるかもしれない。

(これは職場での仕事に関する討論であったり

サークルの運営方針に関する討論などではなく、

表面上の付き合いでは全く生じ得ない

お互いの行動哲学や存在論に関する討論と思ってもらえれば分かりやすい。)

しかし、興味は前々からずっと持っていた。

基本的に自分の考え方は人に理解されず、

相手は考える余地もなく俺を振り払う(そうせざるを得ない)。

又は端から俺自身が相手に自分を伝える意志を放棄する。

行動や普段の会話でなんとなく伝わっていればそれで満足していた。

しかし、相手が嫌になるまでとことん自分を表現する機会があれば何が起こる?

神懸った突拍子のなさに住む世界の違いを悟られるかもしれない。

はたまた、お互いが共有できる精神世界が広大にあり運命めいたものを感じるかもしれない。

(上二行はあくまで想像であり、妄想である。程度の程は知らない)


自分は、中立的な人間関係を得意とする(orその状態が自然である)人間である。

知り合った人と過度な距離を感じたことはほとんどない。

その代わり、どうしようもなく近いと感じたことも恐らくない。


そろそろ、この定位置から重い腰をあげてみるのもいいかもしれない。




こんなところだろうか。

どうも抽象的なことばかり言っているが、

これはもちろん、今の自分の精神状態を表している。


まぁ、今年は「ふわふわ沈んだ」生き方をしてみようと思う。

そんなわけで、みなさん今年もよろしく。




   「人は、人のために生きる。」



p.s.実家でずっと↓を聴きながら書いてました。ニコニコのID持ってる人はゼヒ聴いて見て☆

和を愛でる心こそ愛し。

  筝・十七弦・尺八による「戦場のメリークリスマス」
[PR]
by chee-choff | 2008-01-01 22:23 | 思考