深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
◆ れべるあっぷ☆
今日は朝まで全然寝てなかったけど1,2限ほとんど爆睡してたので昼からは結構元気やった☆風邪ひいた人のかわりにと15~18時バイトに入るつもりがまた即興で3時間延長。9時半に帰ってメシ作って(今日はチジミ☆)食べ終わったのが10時半。


週末はもう走ると決めたのでどこに行こうか迷っていたが、ふと去年の冬休みに原付で通った12号(~猪名川町)を思い出した。途中に川西能勢口も通るのでTSUTAYAで借りてたCDも返せるし、駅からの12号はアップダウンが激しかったから峠越えの練習になると思い決定。だがそれまでグダグダしてたため出発は12時半に。。


  ・
  ・
  ・


そのグダグダしてた時にネットで、チャリに関するこんな情報をみつけた。


 「自転車を長時間にわたりこぐ際のコツは、ペダルの回転数を上げることと、それを安定させることである。
  トルク(回転させるのに必要な力)を無闇に大きくして走っては膝への負担も大きく疲れやすい。
  回転数を上げることにより膝の負担を減らし、かつ血の流れを良くすることで疲れにくくなるのである。」


スピード狂の俺には元々こんな考えは全くなく、出せるトコで極端にスピードを出す走り方をしていた。確かに負担は大きかった気はするが、「これもトレーニングや」的なノリで気にしないでいたが、毎日毎日こぐのに疲れを気にしないではさすがに辛いと思い、今回はこれを実践してみることにした。



川西のTSUTAYAまではほぼ下りばっかだったので、極力足に力を入れないでこいでも十分速かった。大体30分で着、平均時速は(下りにしては)いつもより少し遅いかな?くらいで予想通り。全く疲れなし。

1時過ぎに着いたのでTSUTAYAは閉店済。返却だけして、いざ12号へ乗り換える。


記憶していた通り相当キツい上りと下りが交互に繰り返される。上りでは10km/hを切りそうにもなったが、ちょっと長い急な下り坂ではなんと60.8km/hを記録!車通りが全くないから成せる技やな…。

しっかし本当に車が通らない。1時はまわっていたものの171はまだまだ賑やかなのだが、それとは全く対照的。週末の夜やし走り屋さんの格好のコースのように思われたが、その姿も見えず。箕面山とか勝尾寺とかひどかったのに、なんと平和なことか。


そんなこんなで車がいないので道路の真ん中を鼻歌ならぬ熱唱まじりにひた走っているとさらに30分で猪名川町に到着。かつて雪の日にも入ったローソンで記憶にふけりながら小休止。そして気がつくと既に午前2時でこれ以上進むと朝日を拝みかねないので、ここで帰路につく。

途中通り雨に降られて消防署っぽいトコで雨宿りしたら「ジリリリリリリリ!」って鳴って「火事?!」と野次馬魂が目覚めかけたが、当直のお兄さんがひょこっと出てきて「あ、センサー鳴っただけなんで。好きなだけいててください。」て言われた。。いやそんな長居するつもりはないですけどね。。



で雨に軽く降られながらも3時過ぎに帰宅したわけだが、今回は大きな収穫が2つあった。その1つは、


 「回転数を一定にすればホントに疲れない」


ことを証明できたことだ。スポーツタイプのチャリには24段なり30段なりかなり変速がついている。いやそんなにつかわんだろーと思っていたが、上のことを気にかけると結構こまめに変速を切り換えなきゃいかんことがわかった。この変速動作もこのタイプのチャリに限って楽しいわけだが、それはもう1つに集約される…


2つ目は


「ドロップハンドルはめっちゃ楽!」


である。ドロップハンドルてのは、見たまんま
d0044938_205432.jpg

コレですね。明らかサドルよりハンドルの方が低いんですが、実際これ握りながら前ずっと向いてるとバリサクずっと吹いてたなみに首痛くなるんですが、まぁそれは体勢をこまめに変えてなんとかするしかないわけで。

それはいいとして、実はこの体勢がこぐ動作には適してるんですねー。ママチャリとかハンドルもっそい上にあって街をぶらぶらするレベルなら全く苦にはならないけど、スピード出したり坂道ずっと登ったりするときはやっぱ辛いもんです。

が!なんとドロップハンドルはそれが苦にならない~!!!とは言いすぎですが、けっこー疲れ軽減してくれます。前向いてたら首痛いから基本上り坂はうつむいて上目遣いで上るんですが、これがこれがなかなか楽。ママチャの経験からすればスイスイ上れます。さすがスポーツバイク。やっと本領発揮といったところですか。



というわけでこれから先テスト期間が近づいてくるというのにさらに講義の出席率低下を予感した1日でした(笑

毎晩走るぞー  おー
[PR]
by chee-choff | 2006-07-01 03:53 | その他