深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
◆ 生活だけがあった年
年の瀬です。

なんだかあまり書く気が起きません。

理由はふたつあって、

①実家のPCが新しくなっていたのですが、
 ディスプレイの輝度が下がらなくてまぶしいこと。
 目の弱い自分には致命的です。
 でも前のPCがちょうどよかったという記憶もなくて、
 毎年ひいひい言いながら書いていたような気もします。

②新しいPCの使い勝手が悪くて(Windows8で最初だから仕方ないですが)、
 ブログを開いてしまえばなんともないのですが、
 そこにたどり着くまでにぐちゃぐちゃやっていて疲れてしまいました。

まあ明日になれば復活するかもしれませんが、
とっかかりだけでもつけておこうと頑張ってみます。

12/30 22:44

+*+*+*

Oops!
ノートPCの罠に早速ハマりました。
キーボードを打っている最中に意図せずタッチパッドに触れてしまい、運悪くカーソルが(たぶん)ブラウザの「戻る」ボタン上にいて、さっき結構書いたのに突然画面が変わって、全部おじゃんになっちゃいました。
同じ話をもっぺん書く気にはならんなぁ…書きながら考えているので再現は不能でしょうね。

ふぅ。
まあ、こういうこともありますよ。
同じ失敗を二度しないように気をつけます。
とりあえずこまめに保存と更新をしないと…。

23:38

+*+*+*

とはいえ短めにさっき書いたことをば。

いちおうこの1年を振り返る記事なので、まずは大づかみに書いてみます。
タイトルには(今のところ)仮と書いてますが、今年は特にイベントはなく、仕事上で少し動きはありましたが、仕事を除けば「生活を淡々としていた」という印象です。
本かマンガを読む、散歩する、ブログを書く、味噌汁を作る、くらいが生活の構成要素なんですが、秋くらいから映画鑑賞を始めました。

その映画鑑賞の詳細をさっきちまちま書いたのですが消えてしまったので…要点だけ書けば
 ①毎週1作観る(という習慣が定着しつつある)
 ②ホームプロジェクタを壁に投影して観る(部屋の端に本体を置いているので大画面)
 ③本体のピコピコ音がうるさいので映画の音はイヤホンで聴く
 ④日曜の夜に観るので月曜は大体寝不足
といった感じです。
④は別に夜中まで観ているというわけではないですが、あんまり寝られてないのか眠りの質が違うのか(普段の生活に動きがないので映画鑑賞は月~土の生活内容と比べると「非日常」なのです。慣れれば大丈夫なのかもしれませんが)、たぶん後者だと思いますが、このことは今後適応できるかどうかで習慣を変えねばなりません。
観る映画の選択は、とりあえず邦画と洋画を交互にするという以外は気分で決めています。洋画は特に古い作品を選ぶ傾向がありますが、それは書評で見かけたタイトルに惹かれるからかもしれません(『2001年宇宙の旅』とか『華氏451』とか)。邦楽は今のところジブリ率が高いです(秋から今まで観た5作中の2作。『紅の豚』と『もののけ姫』。どちらも昔「金曜ロードショー」で観て以来ですごく久しぶりでしたが、やはり新しい気付きがあるものですね。後者でいえば「だいだらぼっち」がナンバ歩きだったこととか…これは今の自分が歩き方に関心を持っているからですが)。

映画の話はこれくらいにしまして。


上に書いた通り、振り返るほどの「起こった出来事」がこの1年はなかったので、まあ毎年同じかもしれませんが、主に考えていたこと、あるいは今関心のあることを書いてみようかと思います。
あとは仕事の話(変化があったこと)とか、未来の話(自分は何を望んでいるのか…何がしたいのか?どうありたいのか?)とかも書ければいいなと思います。
一番興味があるのは「淡々と生活を過ごすこと」についてうまく言葉にすることなんですが、生活を抽象化して書くのはとても難しい気がします(「人生の意味とは?」みたいな話はしたくないのです)。
まず堅実な実質、積み重ねがあって、それをある視点のもとに一般化するのですが、それは「生活そのものの一般化」ではなく、「生活から導けるいろんなことについての一般化」なのではないかと、今ちょっと思いつきました。
キィ思考は連想によるリンク生成ですね。

今日はこれくらいにしましょう。

0:08

+*+*+*

大晦日の朝です。

昨日はよく寝られました。
実家のリビングはテレビが点いていて長居できないのですが、別の部屋に移るとようやく家の静けさを感じることができます。
社員寮はふつうのマンションですが、隣室や上階の音がよく響く(無音で部屋にいればなおさら)し、細かな機械音(給湯の稼働音、ドアホンの待機音など出所がわかるもの、それに耳鳴りではないとは分かるが出所不明な周波数の高い音)も気になります。
朝起きてみて、そういった有機的でないノイズが全くないことにまず気付き、心が落ち着くのを感じました。

マンションはコンパクトな空間に機能性を詰め込んであって、特に人口密度の高い都会では他に選択肢のない居住方式ですが、居住者のある感度の低さを前提としていて(というより許容騒音レベルとかを数値で測って決めてるんですよね)、つまり「快適な生活」という環境がまずあって居住者は何も変わらずにそれを享受できるというものではなく、所与の環境に対して居住者が不快を無視できる程度に鈍感になって初めて「(意識の上での)快適な生活」ができるようになっています
僕はその環境に今暮らしていて、感度を下げないままこういったことを時々考え、むしろ感度を上げることが快適になる環境で生活することに魅力を感じ始めています。

そうはいっても現代人ですので、アウトドアライフを初めてすぐ適応できるはずはなくて、虫の音とか川や海の流れなどの有機的なノイズで夜は一睡も寝られず、耐えられなくなって体調を崩すみたいなことも大いにあるだろうと思っています。
ただそれでも時間をかけてやってみたらなんとかなるんじゃないかなとポジティブな気持ちでいるのは、たしか『時代の足音』(宮崎駿、堀田善衛、司馬遼太郎の対談本)で堀田氏が「都会暮らしに慣れてしまっても、2ヶ月もいれば田舎暮らしに慣れてくる」といったことを書かれてたからで、実際にやった人がいるならまずあり得る話だし、環境の適応に時間がかかることや習慣を作り始めてだんだんと身体が覚えていく感覚は僕が(表面的に捉えれば変化の極めて小さい)生活の中で意識的に経験していることなので、縁があればそういう生活をやってみようと思っています。

この「縁があれば」というのは、それほど言葉の綾でもなくて、誰かに巻き込まれて生活方針が勝手に決まってしまう場合は実現しませんが(そうなることも僕や僕のそばにいる人が望んだことであれば反対する理由は何もありません)、そういうことがなければ、自分からは積極的に何もしないという流れに流された結果としてそういう生活を始めることになるだろう、ということです。
…この「自分からは積極的に何もしない」という言葉もこれだけ書けばよい印象を持ちませんが、自分と何かの縁を感じる想像力(思考力)を常に開いておくという意味で、大切なのは何かに導かれている感覚ですね。

行動の決定には自分の意思が強く関わっているが、その行動がもたらした結果は自分の意思によるのではなく、自分の外部のいろいろな力がはたらいた結果であり、その自分と外部との(事実に限定されない)因果についてどれだけ想像できるか。
「後悔しない生き方をしたい」と誰もが思いますが、「後悔するかどうかは、その後悔の対象になる過去の行動の内容ではなく、現に後悔しようとしているその時の自分の状態にかかっている」とはこれまで何度も書いてきて、それに加えて今思ったのは、「後悔したくなる時とは、自分の人生を自分で選んで決められると思っている(自我が過剰に膨らんでいる)時だ」ということです。
逆の表現で「自分に選択肢がなければ後悔のしようがない」とも言えますが、そうはいっても「親は選べない」みたいな嘆き方があるなと今思いましたが、これは後悔ではないのでしょうか?
…責任放棄、ですかね。

+*+*+*

自分の人生を主体的に決めてきた、という意識を持たず、同時に自分の人生に責任を持つこと
なにか矛盾しているように見えますが、考える前から書きますがたぶん、現代的に(資本主義的感覚で)見ればそう見えるというだけに思えます。

いつだったか日本人が中東で武装グループに捕まって政府に身代金が要求された時に、「自己責任」という言葉がとてもイヤな使われ方をしたことがありました。
その議論の内容は覚えてないし、どういう対処や態度が正しいかについて興味はありませんが、その時には「考えることは大事だがこの議論に加わりたくはないなぁ」と思いました。
「払った税金をちゃんとした使い道に振り分けてほしい」という意見は有権者として当然発するべきものですが、できるのはそこまでだと思います。
それが政治を政治家に委任するということです。

僕は政治に興味が持てませんが、それは政治と触れる機会が新聞くらいしかなく、新聞に載る政治は「政治的ゴシップ」でしかないからです。
(そういえば高村薫の『新リア王』を読んだ時には「政治って面白い!」と思いました。現代の話でも、生の情報(仮に新聞記事が生の情報だとして)から思考を組み立てることができる人にとっては面白いと思えるのでしょう)
新聞の政治欄をしっかり読んで「有権者として政治の動向を監視する」という気持ちにはとてもなれません。
けれど政治がどう行われようが関係ない、とは思っていなくて、政治家がどんな政治をしようが、どのような経緯(や歴史との関係)で政治的選択が行われたかを知り、政治の結果を文句を言わずに引き受けられるために政治を理解したいと思っています
というより直接政治に関わらない一般人にとって政治を理解するのはそのため「だけ」のような気がします


なぜか政治の話になってしまいました。
上で「資本主義的感覚」と書きましたが、言いたかったのはたぶん「消費者的主体」です。
お金という(市場においては)全ての価値の基準となるものを使って、自分の意思で商品を買う。
この「お金で買える(と思われる)もの」が増えていく、市場原理ベースの社会領域が広がってくほど、人の価値観は消費者的になっていきます。
ふつうの人は自分の価値観と生活とが密接に関係しているはずで、思想と呼ぶためには生活から少し離れて改めて考えるという作業が必要になると思いますが、そういう思想ではなく「日常生活で自分の行動を判断するうえでのベースとなる考え方」が、どんどん消費者的になっています。

途中の論理は飛ばしますが、その消費者的価値観からすれば、自己責任という言葉を、「自分が責任を負う」ためでなく「他人に責任を負わせる」ために使うことが合理的(すなわち「おトク」)となります
それをモラルがない、というは一つの立場ですが、市場主義社会ではそういう消費者的価値観に沿った考え方こそが「モラルあり」になります。
だから納得した者勝ち、染まった者勝ち(「勝ち」とは違和感なく普段の生活を過ごせるということです)なのですが、僕はそういう勝ち方はしたくありません。
上にも書いた通り、それは感度を落とすこと、鈍感になることだと思うからです。

12:10

+*+*+*

この記事は実家の書斎で書いています。
書斎は本で埋まっていて、帰省するたびにその量が増えているので、部屋にいるだけで本屋を徘徊している気分になれます。

さっき『この世界が消えたあとの科学文明のつくりかた』(ルイス・ダートネル)という本を見つけて、興味が湧いて最初の数ページを読んでみました。
帯にはこう書いてあります。
「穀物の栽培や鉄の製錬、印刷、発電、輸送機器、医薬品など、現代生活の基礎となる科学技術をどのように復活させるのか?」
「復活させる」というのは、(構造物だけでなく方法も)一から組み立てなおすということで、その仕組み・成り立ちを知っていなければ不可能です。
つまり現代文明のいろんな技術の仕組みが載っている本だと思うんですが、とても興味深いと思います。


ここ2,3年ほど、「習慣(の力を体感する)実験」を、生活の中でやっています。
生活における一つひとつの行動について、小さい頃からずっと続けてきた行動があり(例えば靴下を履いて寝る。僕は履きませんが)、今の生活の必要上行う行動があり(例えばベランダの窓は開けない、開けても隙間数センチまで。これは換気のためですが、大きく開けないのは神奈川に住み始めてから花粉症になったからです。なんとなくシーズン以外もそうなってしまってますが…洗濯は寮備え付けの乾燥機つき洗濯機(有料です。確か数年以上使えば割高になる計算をしましたが「アウトソーシング」という名目で自分を納得させました)を使っているのでベランダに干す必要もありません)、身体の生理的活動に伴う行動があります(食事、睡眠などいろいろありますね)。

今書きながら考えたこの3つを分類として使ってみましょう。

 ①習慣(的行動)
 ②理念的必要(上の行動)
 ③生理的必要(上の行動)

②を理念的と書いてしまうと花粉症の例が若干合っていないようにも思えますが、対処方法は考えれば他にいくらでもある(シーズンに薬ちゃんと飲んでるから窓開けたって平気、とか換気はちゃんとやってから空気清浄機でしっかり花粉除去、とか)と考えれば問題ないでしょう。

さて、①~③の関係を考えた時、まず②はほぼ①に包含されると僕は考えます。
つまり、理念上の必要性なんて消し飛ばす力を「習慣」はもっているのです。
「発明は必要の母」か「必要は発明の母」か、もともとはどっちだったかなと混同してしまうような現代社会ですが(もちろん後者ですね)、その混同するところの意味は、今では「必要」は後からついてくるものになっているということです。
上に書いた「習慣実験」によってそのことを頭だけでなく身体で理解できるのですが、こんな状況が出現したのは、(先進国においては)厳密な意味での必要性が当然に満たされ、「必要性」を満たすことの市場価値が全くなくなってしまった(「必要性」と関係のない所でお金が回っていることはある時期から(『貧乏は正しい』シリーズの頃からでしょうか?)橋本治が社会批評系エッセイでずっと指摘し続けています。また実体をもつモノから離れて動くお金(金融商品というやつですね。サブプライムローンは確か「信用(の低さ)」に値段をつけて売っていたのでしたっけ?)が国際経済を左右するようになったのもこのことと深く関係しています)からです。

また、③は②と複雑な関係を持っていて、境界が明確でないばかりか共通する領域をかなりもっているというのが僕の実感です。
いや、共通という言い方も微妙で、正確に言えば「②と③はお互いに影響を与えながら境界領域を変化させている」となるでしょうか。
というのも②と③の関係とは脳と身体の関係であって、身体的状況が変われば考え方も変わる(同じ人で若い時と高齢の時とで考え方が違うのは人生経験の多寡だけではありません。また人間の話ではありませんが『ゾウの時間、ネズミの時間』という本もこの例になるでしょう)し、その逆は「プラシーボ効果」が説明してくれる通りです。
「習慣実験」を始めた頃はこの意味をあまり明文化しませんでしたが、今思えばこの実験は、②と③の境界領域を炙り出す目的も持っていると考えられます
身体性の賦活(鈍感にならないこと、五感なり自分の身体動作に対する感度を上げること)がこれからの時代で重要になってくる、とは内田樹氏の著書を読み始めた院生の頃からじわじわ重みを増してきた認識ですが、これは「脳の支配から身体を取り戻せ」という身体か脳かの二分論的発想ではなく、脳の偏重が身体にどういう影響を与えているか、あるいは身体の感度を上げることが脳の活動に及ぼす影響を認識すべく掘り下げていくという方向性を持っていて、抽象すれば身体の束縛を解くと同時に脳がそれを冷静に観察するという「脳と身体の協調」を目指すものです。
これだけ高度情報化し脳化してしまった社会で、脳の支配というか「(身体ではなく)脳が人間を主導していく」生活のあり方を変えるのはよほどの条件が整っていなければ非現実なので、その生活のあり方を前提にして、脳が自覚をもって身体性を賦活していく、身体を解放できる環境を整えていくことがひとつの現実的な(かつ僕がそうしたいと思う)長期的展望という面での生活方針です。

+*+*+*

文章が長くなると途中で自分が何を書いているかわからなくなってきますね。
後で読み返す時大変だろうな…微調整で(意味不明度が)治らない文章だったら放置しますが。

とはいえ筆がのってきた感じでもあるので、ここらでいったん切りましょう。
今年も無事に恒例の「ゆくくる」を始めることができそうです。

16:04

[PR]
by chee-choff | 2015-12-31 11:25 | 思考 | Comments(0)