深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
◆ 五度目の祝福/駅弁トリック
昨日は高校時代の友人の結婚式がありました。
知る人ぞ知る(つまり「知らぬ人ぞ知らぬ」)、CH3COOH氏である。
氏についてはもう何も言うことないです、全然心配してないです。
結婚生活で思う存分「発酵」して下さい(謎)

ちと書いておきたかったのは、氏のお父様のこと。
挙式でのエスコートや一次会での挨拶など、要所で面前に立たれておられたのだけど、
その表情に最初から最後まで釘付けになってしまった(そして涙が出た)。
思うところには想像も及ばないが、その表情は言うなれば「鬼気迫る」とか「阿修羅の如し」とか。

そのお父様とは一次会の席で挨拶に来られた時に少し話をした。
が、こちらは顔は引き攣り姿勢カチコチの頭まっしろで殆ど内容を覚えていない。
何が凄かったって、鬼の形相と一心なる誠実さと「(されど)心ここにあらず」の同居というカオスが。
これは「娘を送り出す父親のオーラ」と一括りにはできまい。

うーん、子どもは男の子かなぁ…(かわ嘘
あ、「湘南名物」ありがとね。晩飯にします。
(食に関して異常な「引き」を見せたK庭氏はその勢いで珍味にあたればいいと思う。
 そのこころは「キャビあたり」なんちて)

どうか末永くお幸せに☆

+*+*+*

ついでに最近の仕事のはなし。
なんだかへんたいたいへんなことになっている。
「境界人」の立ち位置が変わって居心地と仕事のし易さは多少改善はされて、
がしかしそれに伴ってある方面の事情に疎くはなって、
そんな中「自分と全く関係のない所で自分の去就が決まる虞」を風の噂で聞いて、
その風に流されるまま「形骸化も甚だしい決意表明」を「自由意志(笑)」において為し、
勝手に敷かれた「背水の陣」が何やら臭うと思って振り向けば「廃水じゃねぇか!」。
ダビスタ3の馬名って時々実名から物凄くヒドい変わり方をしていて、
ダンスダンスダンス(これって村上春樹?)が「タンスタンスタンス」はまあいいとして、
ハイセイコーが「ハイスイコー」って何が悲しくて(ry
あ、でも「ライスシャワー」は天の恵みだよね。
今年のお米は大丈夫かなあ…雨少なかったけれど。

というあんばいです。
というあんぱいです。
というしょんはいです。
というきけんはいです。
危険…!

「道化(どうけ)してるぜ!」

+*+*+*

という意味不明なことをさらさら書いてしまうのは、
今日読み終えた『虹の彼方へ』(高橋源一郎)が面白過ぎたせいです。
「ただいマルクス」
「おかえリカード」
[PR]
by chee-choff | 2012-07-15 23:40 | 社会人 | Comments(2)
Commented by さくちゃん at 2012-07-20 07:57 x
CH3COOHなつかしー。
醸してますあたしです。ぷーん。

父の仏頂面は生来のものとしてあるのだけれど、やっぱり娘が二人ともお嫁に行っちゃっていろいろ考えるところがあったのでしょう。

余談だけれど、生い立ちビデオの曲、あたしが歌ってるって気づいた?♪(´艸`) ププ
Commented by chee-choff at 2012-09-17 22:30
ごめん放置し過ぎた…

あれ、あれ全然違和感なかったけど。そいやさくさんやたらハスキーヴォイスやったもんね。ホントに大きくなって…(うる
「うたってみた」に投稿した時は教えてな(笑