深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
◆ Not wanna do, but wanna be/モダンウゴウゴ
『キッチン』(吉本ばなな)を読了.

今の自分に自然と溶け込む本だった.
紹介してくれたM氏に感謝.
おりにふれて他の著書も借りてこうと思います☆

最後の短編「ムーンライト・シャドウ」を読む前に偶然聴いたこの曲が,
頭の底をずっと流れ続けていた.
 【猫村いろは】ヨルに帰る花【オリジナル曲】
喪失の.

+*+*+*

最近言葉を綴る意欲が減退している.
読んだ分吐き出したいと,思う時もあったが,
今は思わない時,らしい.
どうも書こうとして前に同じことを書いた予感がすると書きたくなくなるようで,
別に無理に書く必要はないのでそれはそれでいいのだが,
そこから「自分は優しい人ではない」と以前思ったことを思い出した.

「やさしい人だね」と言われる時はたいていホめられているわけではないニュアンスで,
僕は何度もそのニュアンス(つまり「優柔不断」とか「意志薄弱」)で言われたことはあって,
でも上で言ったのはその「やさしさ」ではなくて,
良い意味での,人と長く付き合う上で大切な「優しさ」がない.
それはその「優しさ」を(さりげなくしかし確固と)持つ人と出くわすといやおうなく感じるもので,
でも昔の自分にそれはきっとあったもので意識して時間をかければ取り戻せなくはないと思うものの,
「でも今はいいや」とバッサリ切り捨ててしまえる自分はやっぱり「優しさ」がない.
そうやってどこかに追い込もうとしているのかもしれない.

 ああ…書く気がないと言いながら書き始めるとズバる言葉がどんどん出てきて困るのだけど,
 (ズバリ言う,本質を衝くという意味「ズバる」と書いてみました)
 そしてそれをボカすと途端にズバらなくなって(それを面白いと思う僕以外は)困るのだけど,
その「追い込み先」に至る過程を自分は良しとしていて,
それは「のっとわなどぅばっとわなびー」な自分の価値観に則った流れで,
それを「追い込まれた」と思った時にはそこからの脱出が切実となり駆動力となって
自分だけでなく人をも動かす力となりうると期待するいっぽう,
「追い込まれた」が「来るべくして来た」になってしまうと凄いが怖い.
どちらへ転んでも今の自分とは違う存在になっているという想定なのでどちらがよいとも言えず,
成り行き任せと言いつつ任せているのが成り行きではない何者かという混沌.

自分がどういう場面にいるかで同じ日の中でも「わなびー」の内容ががらりと変わっているというのは,
ある意味狂気かもしれないですね.
僕はそれを素直と呼びたいですが.

+*+*+*

「ウゴウゴ文学賞」で検索したらModern Livingというサイトに行き着いた.
(という一文の因果関係は「経験的事実」以外に何もありません)
とってもシュールで久しぶりの種類の感激を味わったのだけど,
たしかにモダンだと思って,でもそれはきっと「モダン・タイムス」のモダンなのだと思う(つまり?).
全部は見てないけど,僕は87の射的みたいなのが好きです.
あと94の隊列行進の「有無を言わさぬ」感とか…COPPELIONの「死の行軍」を連想した.
紹介がてらにスクリーンショットを載せておきます.

d0044938_18392058.jpg

[PR]
by chee-choff | 2012-04-22 18:55 | 思考