深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
◆ フカミーニ・ハマル氏
っていそうだよね.

ハマル・オイヤームとか.

+*+*+*+*+*+*+*+*+*


と脈絡なく(唐突に脈絡があっても困るが)言う自分の頭はわりと正常であって,

ただ単に思考が「マザー2」モードになっているだけ.


韻を意識して言葉と遊んでいて,

何度かマザー2の登場物と出くわしたことがあった.

それは多分自分は実家に帰るとたまに昔やってたスーファミやら

プレステやらのソフトの攻略本を読みふけっていたせいでもあるのだけど,

マザー2(監修はかのコピーライタ糸井重里氏だ)の言葉感覚が

(ゲームしてた頃は全く意識していなかったが)今の自分には

連想が膨らむという意味でどツボ(嵌るドツボではない)なのだと思う.



例えば,モノモッチ・モノトリー氏.

あれは「物持ち」で,「物取り」か「物盗り」かであるが(恐らく後者),

「モノポリー(独占)」ともかけている.


例えば,マル・デ・タコ.

ロープレでは敵には系統種(「〜類」というやつ)が決まってあって,

ドラクエならスライム類(→スライムベス,ホイミスライム,メタルスライム…)とかそゆの.
 (ベスって何?)

マザー2はその辺りもオトボケで敵としての「タコ類」は他で類を見ないのだがそれはさておき,

他にカナリ・タコやタコ・ソ・ノモノなどがいるのだけれど,

マル・デ・タコの「デ」はリオ・デ・ジャネイロと同じスペイン語だ.


例えば,どせいさん.

あの解読不能な(ようで若干読める)「どせい語」を発する,

つぶらな瞳と猫髭とマリオ鼻と愛くるしい赤リボンの出で立ちの彼らは

見る人を癒さずにはおれないステキキャラクターなのだけど,

(小学校か中学校かの時,何も見ずに描けるキャラクターはカービィとどせいさんだけだった)

彼らは皆がどせいさんなのであって,

つまりは「どうせい(同姓)さん」なのだ.


+*+*+*+*+*+*


最後はちょっと無理しちゃったね.

そしてマニアックすぎて下の世代には意味不明な話やね.

あああでもなつかしーー

d0044938_22201971.jpg


どせいさんとテガ・キ・タコ.
[PR]
by chee-choff | 2010-11-16 21:56 | 思考