深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
◆ 引越し準備 / ボースノ
引越し準備が忙しい.

作業が地味に捗らないことが,

始めてからやっと分かった.

予定立てないとこうなりますね.

社会人失格ですね.

でもまだ社会人じゃないですね.

だからといって合格でもないですね.



持ってく本の仕分けが特に時間かかる.

面倒くさいというよりはむしろ楽しい.

というのも付箋がびゃーって貼ってある本を見つけると

ついついパラパラしてしまうもので,

大体僕が付箋を貼るのはその部分を見ただけで

周囲やら全体やらが復元できるような所だったするので,

その梃子作用に驚いてページをぱらぱら,

著作名に線が引いてあれば「あっまだ入手してねぇうわー読みたい」とか.

要するに「思いに浸れるアルバム」が大量にあるといった塩梅で.

持ってく本と置いてく本の仕分けくらい数時間で済むはずだったのに,

本を一箇所に集めるだけで今日が終わってしまった…

いやまぁこれ書いてから続きやるつもりだけども.


今回の引越し先には随分長いこと住む予定なわけで(独身寮には31歳まで居座れるらしい),

そうなると本棚に置く本も長期にわたり一定の位置に鎮座するわけで(いや頻繁に引越しもありうるか),

その位置順位もさることながら,そもそもmy本棚に住まわせる基準に思いが至らざるを得ない.

本を整理しながらそのことを考えていたのだけれど…

最初は単純に「何度も読み返すであろう本」を本棚に入れておくもんだと思っていたが,

本棚に本を並べるというのは「手に取って読み直す」以外にも,

「背表紙を眺めてインスピレーションを働かせる」効果も持ち合わせており

(そのインスピレーションの質に背表紙の並びが大きく関わるため本の並べ方も重要というわけだ),

そうである以上「二度と読まないかもしれないけど背表紙から何かしらピピッと発しそうな本」も

本棚に置いておく価値がある.

そこまで考えてしまうと具体的な選別が難しくなり大方の本が残ることになって

今回持ってくのも大変だし今後もどんどん嵩が増えて部屋が大変なことに…ということにもなるので,

やはり基準は必要かなと思い至る.

而してその基準とは,

 「 著作を全部集めると決めた著者以外の本はあんまし置かない 」

というなんだか曖昧なもの.

もう少し付言すれば,

 「 上記著者以外の著作で
   ①読み返す見込みのない本は置かない
   ②理解の及ばなかった本は置いておく 」

をあくまで原則とする,と.

もちろん「どんどん破っていい」類の原則なんだけれども.

で,集めると決めた著者をアピールがてらメモしておく(メモがてらアピール,かな).

 森博嗣
  小説系は当然.
  エッセイはどうしようかと思ったけれど,小説の充実のためにとっておこうかと.
 内田樹
  読み返さない可能性は大なのだけれど,
  それはあくまで今想定できる自分の言であって,
  氏の文章は「今はわかんないだろうけどおいおいね」みたいな話が多いから
  読み返したくなった時を「ブレイクスルーの瞬間」と
  もしかしたら見なせたりするのではないか云々…
 宮部みゆき
  これも読み返すものは少ないと思うけど,
  なんだか自分の感性やら常識やらは
  氏の著作によって培われてきたような気がするので
  (氏の文体はどの著作もするすると僕の中に入ってきた経験がある)
  なんだろう,まぁ傍で見守ってやってくらさい的な(適当).
 森見登美彦
  これは必須ですね.
  妙なツボを開発されたのは明らかに氏の著作のせい.
  我がアイデンティティ紛失の危機に役立つこと間違いなし.
 高村薫
 桐野夏生
  このあたりは…マジメ成分補給?(適当)
  でも著作を思い返してシリアスになれるのは確か.

あとは養老孟司とか橋本治とか.

(梨木香歩,鷲田清一,池澤夏樹も. 10.3.17)


…よし,整理再開.


+*+*+*+*+*+*+*


スノボ旅行報告忘れてた.

一冬に二度行ったのでさすがに上達した.

カービングターンらしきもの(減速しないターン)ができるようになった…かもしれない.

大方自己満足.

いくつか写真も撮ったけど…そっちは気が向いたらまた.

箇条書きでハイライト.

 ・夜行バスでモンハン禁止

 ・新雪は埋まる

 ・コルク栓は万能

 ・「大丈夫です.」は万能

 ・「いぶりがっこ」は秋田名物

 ・パフェは男のスイーツ

何のこっちゃ.
[PR]
by chee-choff | 2010-03-17 01:14 | その他 | Comments(0)