深爪エリマキトカゲ
cheechoff.exblog.jp
Top
◆ 人生は麻雀の縮図
「麻雀は人生の縮図」ではなく.

興味ある方は是非読まれるべし.

 「麻雀宇宙論」2007年10月21日

このような記事を読むと麻雀がしたくなるのは理の当然.


僕はこの時手が震えるのを自覚し,震える手が勝手にN尾宛のメールを打ち込み始め,

「禁断症状がはぁ!」とか言ってメンツ集めてもらって箕面に乗り込んだのは8月の半ばのこと.


その「健康麻雀"箕面杯"」の戦果をいいトコ取りで披露.

(「健康」とは,僕(を含む恐らく数人)が徹マンが嫌いなので早起きして朝からやる,の意)


2位,3位,4位,4位と負けが込んでのラスト.

朝9時から夜までぶっ通しで打って(つまり昼飯時も弁当食いながら)息も絶え絶えやったけど,

東場の親での面ホンリーチ(待ちは西白のシャンポン)を裏ドラ2乗りの一発ロン(18000)して流れをつかむ.

南場の親では3本場始まりで9本場までもってくる(南場流局親流れなしルール).

そこは跳満振り込んで親流れたけど,最後の2局はどちらも速攻のダマテンピンフのみでアガって終了.

写真は南4局の和了牌とガメた65000の点棒.

 最後はアガリはショボかったけどかなりアツかった.

 6巡目ではやばや1シャンテンになり,タンヤオ・イーペーの線も保持しつつ

 10巡目でカンチーソーの鬼ヅモ(⇔6,8を持ってて7を引いた)でテンパイ.

 下家でピンズが(2・5含めて)固めて出てたので,もちろん欲張らずダマテン.

 そして同巡目に下家から和了.キレイな運び.

過去最大の+70で大勝.

5半荘総合でも累積負債を一掃して+18.

京都行ってからのブランク抜いても,例のメンツで久しぶりにプラスとれた気がする.

d0044938_204242100.jpg


乗り込む時に「麻雀の負け方を覚えたんだぜ!」とか言わなくてよかった(←実は言おうと思ってたw).

冬にまた行きます.次はだいちも呼ぼーぜー
[PR]
by chee-choff | 2009-08-29 21:40